HOME > ニュース・情報コーナー > 交通少年団 入団式

ニュース・情報コーナー

交通少年団 入団式

交通少年団 入団式・合同研修会 2017年4月11日放送

 

小学生が交通安全を呼びかける「交通少年団」の入団式と合同研修会が4月8日、新浜1丁目の尾道警察署で行われました。

 

入団式には、久保小や御調中央小をはじめ、市内5つの小学校の5・6年生77人が参加し、任命書の授与や、少年団の旗である「団旗」の授与が行なわれました。

 

尾道交通安全協会の亀田 茂登会長は「通学途中の交通事故が増えています。これから交通安全のリーダーとして頑張ってほしい」と激励しました。

 

続いて、尾道警察署の濱田 紀之署長と尾道地域交通安全推進委員協議会の奥本 美智子会長がそれぞれ、交通安全リーダーとしての心構えなどを話しました。

 

その後、児童を代表して久保小学校6年生の森永 雪音さんが誓いの言葉を読み上げました。

 

尾道署の三阪 実警部補による研修では、笛の吹き方や手旗の振り方などの指導が行われました。

 

森永さんは、「上手に笛を吹いて、交通安全指導に取り組みたい」と話していました。

 

尾道署館内の交通少年団は現在、久保小・御調西小・御調中央小・向島中央小・高見小の5校が活動しています。