HOME > ニュース・情報コーナー > 子どもの第三の居場所開設

ニュース・情報コーナー

子どもの第三の居場所開設

日本財団「子どもの第三の居場所」開設 2017年4月12日放送

 

国内外で社会貢献活動に取り組んでいる日本財団は4月11日、放課後から夜間まで児童を預かる施設「子どもの第三の居場所」を、今年の夏を目途に、尾道市内に開設すると発表しました。

 

これは、子どもの貧困問題に対する有効な手立てを実証しようと日本財団が進めている取り組みで、施設では、読書活動や生活習慣づくり、食事などをサポートします。

 

尾道市での開設は、昨年11月の埼玉県戸田市に続いて2カ所目で、西日本では初の拠点となります。

 

対象は小学1年生から3年生の児童で、平日の放課後から午後9時まで開所し、およそ20人の利用を想定しています。

 

尾道市社会福祉協議会が運営を担い、民生委員や学校と情報を共有しながら、課題を抱える児童の家庭に利用を促します。

 

利用料金は所得に応じて決まり、低所得の家庭の児童は無料で利用できます。

 

施設の広さはおよそ120平方メートルで、内装に尾道市立大学の学生がデザインした作品を使い、明るい雰囲気と尾道らしさを取り入れています。

 

開設費のおよそ4千万円と、3年間の運営費およそ9千万円を日本財団が助成し、開設4年目からは、尾道市が運営費を負担します。

 

日本財団は、児童の自己肯定感を高め、生活習慣を確立しようと、2020年度までに、全国100ヶ所に施設を整備する方針で、利用者の学力や体力の向上、進学率などの追跡調査も予定しています。