HOME > ニュース・情報コーナー > 映画「雪女」上映 舞台挨拶

ニュース・情報コーナー

映画「雪女」上映 舞台挨拶

映画「雪女」上映 舞台挨拶 2017年5月19日放送

 

 

尾道で撮影が行なわれた映画「雪女」の上映と監督の舞台挨拶が5月13日、東御所町の映画館「シネマ尾道」でありました。

 

この映画は、小泉八雲の怪奇小説を広島市出身で、この映画の監督と主演を務めた杉野希妃さんが新たな解釈で映画化した、ラブストーリーです。

 

尾道市内の久保小学校や西郷寺などで、およそ2週間かけて撮影されました。シネマ尾道での上映初日に、杉野さんと尾道市立大学教授の光原百合さん、広島エフエムのDJ大窪シゲキさん、撮影を担当した上野彰吾カメラマンの舞台挨拶があり、観賞に訪れたおよそ80人が、撮影秘話などに聞き入りました。

 

訪れた小浜健さんは、「杉野さんの世界観の面白さが染みてくる映画ですね」と感想を述べていました。映画に子役で出演した畑中結衣ちゃん3才は「雪だるまを作って楽しかった」と嬉しそうでした。

 

シネマ尾道の河本清順支配人は「尾道の新たな一面を、この映画で発見してほしい」と話していました。映画「雪女」のシネマ尾道での上映は、5月26日(金)までです。