HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道ラグビースクール 交流会

ニュース・情報コーナー

尾道ラグビースクール 交流会

尾道ラグビースクール交流会 2017年6月6日放送

 

尾道ラグビースクールの子ども達が6月4日、保護者や尾道高校ラグビー部の生徒達と交流試合を行ないました。

 

尾道ラグビースクールは、尾道市内の子ども達や、大人が所属するラグビー教室で、毎週日曜日に練習などを行なっています。

 

今回は竹原のラグビースクールや尾道高校ラグビー部を招いて交流会を開きました。交流会では、開会式に続いて、幼児・小学生低学年・中学年・高学年の順番に保護者とラグビーの試合を行ないました。

 

子ども達は小さな身体を思いっきり動かして、大人のタックルを交わしていました。そして、大人は子ども達のタックルをものともせず、トライを決めていました。

 

尾道高校ラグビー部と、ラグビースクールの高学年の子ども達との試合では、高校生が華麗なパス回しで、トライを決めると、子ども達も小回りのきいたステップでトライを決めていました。

 

尾道ラグビースクールでは、年に数回尾道高校ラグビー部を招いて指導を受けたり、交流試合を行なったりしています。

 

尾道ラグビースクールの細谷淳コーチは「通常の練習だけでなく、色々な交流試合を開催して、子ども達に経験を積ませたい」と話していました。