HOME > ニュース・情報コーナー > 6月議会開会

ニュース・情報コーナー

6月議会開会

6月議会開会    2017年6月13日放送

 

尾道市議会6月定例会が6月13日に開かれ、新しい議長・副議長・監査委員が選ばれたほか、3億3600万円の一般会計補正予算案など26議案が提出されました。

 

議長選挙に立候補したのは、日本共産党の魚谷悟議員、新和会の吉和尚徳議員、創生会の新田賢慈議員の3人で、本会議前に開かれた全員協議会で、それぞれ立候補に当たる所信を述べました。

 

議場で行われた投票では、「本会議で会派の代表者だけでなく各議員が質問を行えるようにするなど、議会改革を進めたい」とした吉田議員が、28票中18票を獲得し、69代目の議長に選出されました。

 

副議長選では、公明党の福原謙二議員が24票を獲得し、81代副議長に選ばれました。また、監査委員には誠友会の吉和宏議員が決まりました。

 

一般会計補正予算のうち主なものは、浄土寺や西國寺、千光寺の参道などをライトアップする夜間景観整備事業に6800万円。千光寺公園やポケットパークなど公園の緑化整備に5800万円。

久保の歓楽街、新開地区にある2つの路地を美装化する事業に7200万円。

高須と三成の放課後児童クラブをそれぞれ1つずつ増設する運営費に1700万円などとなっています。

 

また、耐震性に問題がある長江小学校の特別教室棟から管理教室棟へ教室を移転する費用に1100万円。2016年6月の大雨災害の復旧事業費4000万円も合わせて計上していて、補正後の2017年度一般会計予算は630億5600万円となりました。

 

本日の議会の模様は午後9時から収録放送します。

 

6月定例会の会期は27日までで、議員からの一般質問は6月15日・16日に行われる予定です。ちゅピCOM11chでは、いずれも生放送と収録放送を予定していますので、どうぞご覧ください。