HOME > ニュース・情報コーナー > 6月議会 一般質問

ニュース・情報コーナー

6月議会 一般質問

6月議会 一般質問    2017年6月16日放送

 

昨日に引き続き、尾道市議会6月定例会の一般質問が16日に行なわれました。

 

 

市民連合の山戸重治議員は、尾道市がエントリーしている「第3回全国ふるさと甲子園」についてなど質問しました。

 

“ロケ地”と“ご当地グルメ”をテーマに「行きたい地域No1」を決める「ふるさと甲子園」について平谷祐宏尾道市長は、「55地域から3,000人が参加するイベントで、主催者側から参加の打診があり、尾道の農産物を全国に発信するチャンスだと思い、出場を決めた」と話しました。

 

ロケ地とご当地グルメについて市長は「瀬戸田でロケが行なわれ、今年の秋に公開予定の映画『こいのわ 婚活クルージング』を取上げ、作品に登場するレモンのスイーツを紹介する」と述べ、「行きたい地域No1に選ばれ、尾道産農産物のブランド力向上と、交流人口の増大につなげたい」と期待を込めていました。

 

尾道未来クラブの石森啓司議員は、小学校校舎の耐震化や、避難所の整備についてなど質しました。

 

耐震化の方針決定が遅れている久保・長江・土堂小学校について佐藤昌弘教育長は「別の場所での建て替えも含めて複数の案を提案できるよう検討している」とした上で、「新年度の予算編成時期までを目標に考えている」と述べ、方針決定の期限を示しました。

 

また、避難所となる学校の屋内運動場のトイレを、子どもや高齢者も使いやすい洋式に変える計画について佐藤教育長は「今年度から平成32年度にかけて33校の65基を洋式化する計画」と答えました。

 

午後からは日本共産党の岡野長寿議員が質問に立ち、平成30年度から都道府県が運営主体となる国民健康保険の保険料についてなど質しました。

 

県単位の運営になった際の保険料について、平谷市長は「広島県の試算では、尾道市の一人あたりの保険料は12万3251円で平成28年度に比べて9351円高くなる。県で緩和策を検討しているので、今後料金は変動すると思われる」と述べ、「尾道市では現行の料金から上がる場合、30年度から35年度で計画的に財政調整基金を繰り入れ、急激な負担にならないように考えている」と答弁しました。

 

また、村上海賊の観光関連で、因島三庄町にある史跡の地蔵鼻に至る道の整備について市長は、「地蔵鼻への道の拡幅は、海と山に囲まれ費用も多額になるため現時点では考えていないが、今後交通量などを勘案して車が離合できる場所の確保を検討したい」と述べました。

 

本日の一般質問の様子は午後9時から放送予定です。

議会は今後、各委員会で審議が行われ、6月27日に閉会する予定です。