HOME > ニュース・情報コーナー > 上本さんリサイタル

ニュース・情報コーナー

上本さんリサイタル

上本さんリサイタル   2017年6月28日放送

 

向東町出身のテノール歌手 上本訓久さんのテノールリサイタルが6月18日(日)、東御所町のしまなみ交流館で開かれました。

 

上本さんのリサイタルは、凱旋コンサートとして2年ごとに行われていて、今回は3部構成のステージとアンコール合わせて19曲を披露し、力強い歌声で集まった大勢の観客を魅了しました。

 

1部では、イタリア歌曲の「朝の歌」や中島みゆきの「糸」、オペラ トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」などバラエティー豊かなレパートリーで会場を盛り上げました。

 

第2部は、前回のコンサートにも出演したソプラノの遠藤紗千さんと登場し、ヴェルディ作曲の「椿姫」ジョルダーノ作曲の「アンドレアシェニエ」を披露。美しいハーモニーに客席からは大きな拍手が送られていました。

 

第3部では、イタリアのラブソング「泣かないお前」やナポリ民謡の「カタリカタリ」など5曲を披露し、最後はコンサートで恒例の曲「グラナダ」をアンコールで歌いました。

訪れた人たちは、会場いっぱいに響く上本さんの歌声に大きな拍手で応えていました。

 

このコンサートの模様は7月3日からのちゅピCOMおのみちスペシャルで放送します。

どうぞお楽しみに。