HOME > ニュース・情報コーナー > 健康おのみち・食育推進

ニュース・情報コーナー

健康おのみち・食育推進

健康おのみち・食育推進   2017年7月10日放送

 

尾道市の健康づくりと食育推進を図る計画、第二次健康おのみち21の見直しと第三次食育推進計画策定委員会の初会合が7月6日、門田町の総合福祉センターでありました。

 

これは、尾道市の健康と食育に関して、今後5年間の計画を策定する委員会で、医療や教育・社会福祉・教育行政など各分野の委員20人と、市担当課の職員が出席しました。

 

会場では、平谷祐宏尾道市長が「健康と食育は大きな関わりがある。忌憚のない意見を交わして、皆さんのお知恵をいただきたい」と挨拶し、委員会に計画の策定を諮問しました。

 

会合ではその後、計画の基本方針や重点目標など市の素案が示されました。

 

素案では、食生活や運動・喫煙・心の健康など幅広い範囲で目標値を設定していて、中でも尾道市が県の平均を下回っている「健康寿命を延ばす」ことを大きな目標に掲げています。

 

健康寿命は、健康な状態で生活できる期間を表すもので、尾道市は広島県内23市町の中で男性は77歳で16位、女性は82歳で20位と低迷しています。

 

委員会では今後、「すこやか親子」や「中高齢者健康づくり」など4つの推進委員会で審議し、今年度中に計画を策定して市長に答申します。

 

なお、策定委員会の委員長には尾道市立大学経済情報学部の藤岩秀樹教授が選ばれました。