HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道の高校生 国際交流

ニュース・情報コーナー

尾道の高校生 国際交流

尾道の高校生 国際交流 2017年8月4日放送

 

広島県の国際交流事業で来日した海外の高校生たちが7月31日からの2日間、尾道を訪れ地元の高校生と交流しました。

 

この事業は、国内外の高校生たちが互いに地域課題の解決策を考えるプログラムで、アメリカやフィリピンなど4ヵ国から27人の高校生が参加しました。

 

今回の訪問は、来日した記念に尾道を観光してもらおうと企画されたもので、尾道北、尾道東、尾道商業、御調高校の生徒およそ60人が街の案内などをしました。

 

8月1日には料理を楽しみながら街を散策する催しが開かれ、グループに分かれた高校生たちは、オリジナルのグルメクーポン券を使って市内の協力店10店舗を巡りました。

 

店内では、尾道の高校生が海外の生徒たちに日本語のメニューを説明し、楽しそうに会話を交わしていました。

 

この他、期間中には、千光寺公園の散策や瀬戸田町でのサイクリング、市民センターむかいしまでの文化交流会なども行われました。

 

参加した御調高校3年の鈴江 泰斗君は、「英会話は少し難しかったけど、ネイティブの発音を聞いてとても勉強になった」と話していました。