HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市立大学教養講座

ニュース・情報コーナー

尾道市立大学教養講座

尾道市立大学教養講座 2017年11月7日放送

 

尾道市立大学の教授や講師の研究を市民に発表する教養講座の今年度1回目が10月4日、水曜日に、しまなみ交流館で開かれました。

 

初回の講座は「尾道の土地柄と怪談」という演題で、日本文学科の光原百合教授が、尾道と他の地域との怪談を比較することで、尾道の土地柄を紹介しました。

 

光原さんは、尾道には怪談の言い伝えが意外に少ない事について「商人の町はリアリズムが支配していたからではないか」との説を持ち出し解説していました。

 

この講座の様子は11月13日からの「ちゅピCOM11chおのみちアカデミー」で放送します。おたのしみに。