HOME > ニュース・情報コーナー > 北高で年金セミナー

ニュース・情報コーナー

北高で年金セミナー

尾道北高校で年金セミナー 2017年11月17日放送

 

日本年金機構が開く「年金セミナー」が、11月8日(水)尾道北高等学校でありました。

 

このセミナーは、大学生や高校生を対象に、年金についての知識を深めてもらおうと行われているもので、北高校でのセミナーは、三原年金事務所が主体となって開かれました。

 

3年生およそ200人を対象に、三原年金事務所の瀧本祥子さんが、「知っておきたい年金の話し」と題して講義しました。

 

年金について「老齢年金や障害年金・遺族年金があり、高齢や病気で働けなくなった時や事故にあったときなど、いざという時に役に立つものです」などと説明していました。

 

セミナーを受けた宇都宮理沙さんは「年金には、色々な種類があることを知りました。皆で支え合って行く仕組みはいい事だと思う」と話していました。

 

最後に講師の瀧本さんは「学生の頃に年金のことを考えてもらい、将来に備えてほしい」と呼びかけていました。