HOME > ニュース・情報コーナー > サイクリング清掃活動

ニュース・情報コーナー

サイクリング清掃活動

サイクリングロード清掃 2017年11月22日放送

 

しまなみ海道で行なわれるサイクリング大会を前に11月18日、尾道サイクリング協会のメンバーや尾道警察署のサイクルポリス隊が、コースの試走や清掃活動を行ないました。

 

11月26日に、瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会が行なわれる予定で、およそ2,000人が6つのコースに分かれて走ります。

 

活動は、サイクリング客の事故防止や、より良い環境で走ってもらおうと東部建設事務所維持課の呼びかけで行なわれたもので、およそ20人が集まり、生口島の多々羅大橋周辺を清掃しました。

 

大会のスタート場所である向島運動公園を出発したサイクルポリス隊がコースを走り、しまなみレモンビーチに到着。サイクリング協会や本四高速株式会社、しまなみジャパンの職員らも合流して、活動しました。

 

コース上には、落ち葉や大きく伸びた草木があり、参加者は丁寧に拾い集め、刈り取っていました。尾道サイクリング協会の濱本義樹理事長は「普段から清掃活動に取り組んでいるが、大きな大会なので、事故が無いよう入念にチェックしました」と話していました。

 

月間アーカイブ

最近の投稿