HOME > ニュース・情報コーナー > 注連飾り作り

ニュース・情報コーナー

注連飾り作り

注連飾り作り 2017年12月13日放送

 

久保町の旭ヶ丘団地にある旭ヶ丘サロンで12月12日、正月の注連飾り作りが行なわれました。

 

注連飾りは、幸せをもたらすとされる「歳神様」(としがみさま)を迎えいれる清浄な場所を示すために、昔から正月の家々に飾られてきました。

 

作業には、団地内の住民12人が集まり、安田卓己さんの指導で、手作りしました。

 

参加者は、2人1組で協力し、稲藁の束を組み合わせて、上手に注連縄を作っていきました。

 

その後、作り終わった縄を2つ合わせて輪っかを作り、縁起物の扇や橙などを取り付けて完成させました。

 

完成した注連飾りは、一つをサロンの入り口に取り付け、それ以外は、各々が持ち帰りました。

 

作業を指導した安田さんは、勤めていた高齢者の福祉施設で作り方を教わったということで「手作りでも出来るので、昔からの伝統を楽しんでほしい」と話していました。