HOME > ニュース・情報コーナー > 栗小 集団下校 見守り

ニュース・情報コーナー

栗小 集団下校 見守り

栗原小 集団下校 見守り 2017年12月25日放送

 

栗原小学校の児童が12月15日、集団下校を行い、栗原地区町内会連合会のメンバーや、地区の住民達が見守り活動を行ないました。

 

集団下校の出発式が行なわれたグランドには児童が地区ごとに整列。小田原まゆみ校長達の挨拶に続き、児童を代表して臂夏凜さんが、見守り活動へのお礼の言葉を述べました。

 

児童たちは、25の地区ごとに分かれて下校し、およそ30人の住民が見守り活動を行ないました。

 

児童数が多く、街中に立地する栗原小学校では、これまでに住民参加の音楽祭などが開かれ、地域住民との交流が活発に行なわれています。

 

小学校区内にある、JA尾道市栗原支店も、地域活動に協力して、見守り活動などで使うジャンパーを連合会に105枚寄贈しました。

 

今回の活動にもジャンパーを着て参加する人もいて、地域と学校が一体となって子ども達を育てています。

 

栗原地区町内会連合会の宇根本茂会長は、「地域の人はいつも児童の皆さんを見守っています。子ども達には自分で自分を守る事も心掛けてほしい」と話していました。