HOME > ニュース・情報コーナー > 瀬戸田高校 文部科学大臣賞 受賞

ニュース・情報コーナー

瀬戸田高校 文部科学大臣賞 受賞

瀬戸田高校 文部科学大臣賞 受賞 2017年12月28日放送

 

ボランティア活動を行う青少年を応援する「ボランティアスピリットアワード」の全国表彰式で、瀬戸田高校の「しまおこし事業部」が最高位の文部科学大臣賞を受賞し、12月26日に平谷 祐宏尾道市長に活動を報告しました。

 

瀬戸田高校の「しまおこし事業部」は、地域貢献を目的に2012年にできたクラブで、これまでに地域の特産品を使った料理や、介護に関する冊子を作るなど活動をしてきました。

 

今年度は防災をテーマに、瀬戸田町に住む高齢者に、その地域の安全な場所や危険な区域などを知らせるマップを作りました。

 

生徒たちは、東日本大震災の被災地で聞き取り調査を行い、その結果をもとに、地域住民たちとマップを作成しました。

 

市長室には「しまおこし事業部」の生徒5人が訪れ、部の代表を務める2年生の矢野 佑太君は、「活動が瀬戸田町の住民のためになれば嬉しい」と話し、平谷市長は「高校生が地域のために頑張る姿を見て住民も喜ぶと思う」とエールを送りました。

 

ボランティアスピリットアワードには、今回、全国から1,229の団体が応募しました。