HOME > ニュース・情報コーナー > 認定こども園 設置説明会

ニュース・情報コーナー

認定こども園 設置説明会

認定こども園 設置説明会    2018年1月23日放送

 

尾道市は、2020年に開園を予定している、仮称 尾道中央認定こども園の設置計画について、1月22日に市議会議員への説明会を開きました。

 

説明会には、市の担当者と市議会議員が参加し、設置までのスケジュールや設置場所、施設の概要などが発表されました。

 

計画によると、新しい認定こども園は現在の栗原幼稚園と栗原北幼稚園、るり保育所、のぞみが丘保育所、北久保保育所の5か所を統合して、2020年4月の開園を目指します。

 

施設は民設民営で、設置場所として尾道市が久保町の尾道ふくしむら内にある多目的広場の一部およそ3,500㎡を提供。入園対象は0歳児から就学前の児童で、定員は280人を予定しています。

 

旧尾道市中央エリアへのこども園の設置は、市が2011年に作成した「就学前教育・保育施設再編計画」の中・長期計画に沿ったもので、尾道市は2018年度中に設置運営者の公募や保護者・地域への説明会などを行う予定です。

 

出席した議員たちからは、設置場所に関する質問のほか、地域によって施設が遠くなる場所もあり、保護者の理解が得られるのかなど意見がありました。

月間アーカイブ

最近の投稿