HOME > ニュース・情報コーナー > 保森教諭 優秀教職員表彰

ニュース・情報コーナー

保森教諭 優秀教職員表彰

土堂小 保森教諭 文部科学大臣優秀教職員表彰 2018年2月6日放送

 

2017年度 文部科学大臣優秀教職員表彰を受けた、土堂小学校の保森 智彦教諭が2月5日、平谷 祐宏尾道市長を表敬訪問しました。

 

優秀教職員表彰は、学校教育において優れた成果を上げた教員に贈られているもので、今回は全国から734人と38団体が表彰されました。

 

今回の表彰は、広島県教育委員会が策定した「広島版 学びの変革 アクション・プラン」の推進に貢献してきたことが評価されたもので、保森教諭は、転任した2015年度以来、土堂小学校でプラン推進の中心的な役割を担っていました。

 

このプランは、主体的に学ぶ児童の育成などを目的に策定されたもので、保森教諭はこれまで、総合的な学習の時間を活用して、県内の空き家問題などをテーマにして、児童たちが積極的に問題解決に取り組む姿勢を育んできました。

 

また、市内外の研修会などで、土堂小学校での取り組みや成果を発表し、他校の教育活動の質の向上に貢献してきました。

 

市役所を訪れた保森教諭は「学校、地域、家庭と連携し、取り組んできた成果です。学びの変革プランを全国に広めていきたい」と話し、平谷市長は「子どもたちのより良い教育のためにリーダーシップを発揮してほしい」と激励していました。