HOME > ニュース・情報コーナー > ビブリオバトル地区決戦

ニュース・情報コーナー

ビブリオバトル地区決戦

全国大学ビブリオバトル地区決戦 2018年2月21日放送

 

1冊の本を決められた時間内に紹介する全国大学ビブリオバトルの地区決戦が昨年12月、しまなみ交流館で開かれました。

 

ビブリオバトルとは、1冊の本を複数の出場者が5分の制限時間内で紹介し、観客が一番読みたくなったプレゼンテーションに投票して勝者を決めるものです。

 

地区決戦には、尾道市立大学と福山大学の学生合計6人が出場。それぞれ、好きな本の読みどころなどをPRしました。

 

地区代表に選ばれたのは、尾道市立大学・日本文学科4年生の小池夏美さんで、米国のミステリー作家エラリークイーンの著書「ローマ帽子の謎」を紹介。推理小説の緊迫感を身振り手振りでPRし、最多得票となりました。

 

小池さんは、12月17日に東京で行なわれた全国大会に出場しましたが、惜しくも入賞はなりませんでした。

 

この全国大学ビブリオバトル地区決戦の模様は2月26日からの「ちゅピCOM11chおのみちアカデミー」で放送します。おたのしみに。