HOME > ニュース・情報コーナー > 県東部サッカー50年大会

ニュース・情報コーナー

県東部サッカー50年大会

広島県東部地区サッカーリーグ50周年記念大会 2018年2月28日放送

 

 

広島県東部地区のサッカーリーグの創設50年を記念した大会が2月24日、栗原町のびんご運動公園で行なわれました。

 

大会には尾道・福山・府中・三原などから、シニアリーグでサッカーをしている人を中心に、42歳から81歳までの、およそ100人が参加。4チームに分かれて試合を行ない、親睦を深めました。

 

一回戦に勝利したチーム同士が決勝に進み、一回戦で負けた2チームが3位決定戦を行ないました。

 

どの試合でも、軽快なパス回しや、素早いドリブルなどのプレーが見られ、選手達は試合が終わるたびに、硬い握手を交わしていました。

 

大会は、三軒家町出身で、昨年日本スポーツグランプリを受賞した81歳で、元高校教師の吉池宏(よしいけ ひろし)さんらが、発起人となり開かれたものです。

 

吉池さんは1968年の広島県東部サッカーリーグ創設に尾道代表として協力し、長年 東部地区でサッカーの普及活動を行なってきました。

 

広島県内では、広島市を中心とした西部地区で、サッカーが盛んですが、50周年記念大会を機に東部でもさらに、活動の機会を増やそうと行なわれました。

 

尾道出身の広島県サッカー協会理事の灰垣義春実行委員長は「シニア世代でも県東部のサッカーを盛り上げたい」と話していました。