HOME > ニュース・情報コーナー > 女子ソフト 表敬訪問

ニュース・情報コーナー

女子ソフト 表敬訪問

女子中学ソフト 県代表表敬   2018年3月2日放送

 

全日本中学生女子ソフトボール大会に、広島県選抜チームのメンバーとして出場する、栗原中学校2年の有田麗さん、狩口彩瑛さんの2人が2月27日、市役所を訪れ大会での健闘を誓いました。

 

 

2人は現在、栗原中学校のソフトボール部と、クラブチームの栗原ソフトボールクラブに所属していて、有田さんはキャプテンで内野手、狩口さんはエースピッチャーとして活躍しています。

 

広島県の選抜メンバーは合計17人で、2人は昨年2回行われた選考会を経て、今回初めてメンバーに選ばれました。

 

俊足が持ち味という有田さんは「選抜チームでレギュラーをとり、塁に出て足を生かしたい」と話し、ボールのスピードとスタミナが武器という狩口さんは「レベルの高い選手との対戦が楽しみ。優勝に貢献したい」と意気込みを語っていました。

 

訪問を受けた平谷祐宏尾道市長は「県代表のメンバーに選ばれるのはすごい事。いい試合ができるよう頑張ってほしい」とエールを送っていました。

 

大会は3月25日から27日まで大阪市のセレッソスポーツパーク舞洲で開かれ、都道府県の代表48チームがトーナメント方式で対戦します。