HOME > ニュース・情報コーナー > 子ども会駅伝大会

ニュース・情報コーナー

子ども会駅伝大会

尾道市子ども会駅伝大会 2018年3月5日放送

 

 

市内各地区の子ども会が参加する、尾道市子ども会駅伝大会が3月4日、栗原町のびんご運動公園で行われました。

 

大会には久保・御調西・向島中央・瀬戸田など市内19地区から、およそ380人の子ども達が参加しました。

 

開会式で、尾道市子ども会育成連合協議会の末留勇会長が挨拶し、瀬戸田生口地区の森本君と吉和地区の王野(おうの)さんが選手宣誓を行ないました。

 

競技は、自由参加のジョギングと地区対抗の駅伝があり、ジョギングコースには子ども達や保護者らおよそ300人が参加してそれぞれのペースで走りました。

 

駅伝は各地区の子ども会の選手が競技場周辺と公園に隣接する尾道工業団地までの20区間、およそ25kmを襷でつなぎます。

 

1年生から6年生のそれぞれの学年から選ばれた選手は、襷を受け取ると、次の中継点まで力いっぱい走っていました。

 

選手らは、中継地点に近づくと、苦しい表情を見せながらも最後の力を振り絞って速度を上げていました。

 

 

沿道には、多くの保護者が応援に訪れ、特に競技場のスタンドでは保護者や同級生らが大きな声援を送っていました。

 

結果、優勝は栗原子ども会、準優勝は高須子ども会、3位は浦崎子ども会です。