HOME > ニュース・情報コーナー > 事務改善運動発表会

ニュース・情報コーナー

事務改善運動発表会

市役所 事務改善運動発表会 2018年3月9日放送

 

尾道市の職員が職場環境の改善点などを発表する事務改善運動発表会が2月13日、久保1丁目の尾道市市民会館で行われました。

 

この発表会は、より良い職場環境作りを目指し、職員の勤労意欲を高めようと毎年行われていて、およそ60人の職員が参加しました。

 

開会にあたり澤田 昌文尾道市副市長が「働きやすい職場は効率が上がる。発表会が職場環境作りの一助になれば」と挨拶し、各課の発表が行われました。

 

秘書広報課は、課で取り組んでいる整理・整頓・清潔・清掃・躾の5S運動の成果を発表し、執務スペースを綺麗にして、花などを飾ることで、職員が気持ちよく業務に就ける環境を紹介しました。

 

農林水産課は、簡易な打ち合わせなどは椅子を使わずに行うことで、時間の効率化を図り、椅子の収納場所の省スペース化を進めたことを発表しました。

 

今年の発表会では、職員全員の投票により、各課での事務改善運動の順位が決められ、1位には港湾振興課の取り組みが選ばれました。

 

港湾振興課は、職員個人が感じている問題点を全員で共有する取り組みをしていて、小さい悩みでも全体の問題として捉え、解決策を出すことでストレスのない職場環境作りを目指しました。

 

閉会の挨拶で冨永 嘉文尾道市副市長は「当たり前のことでも職場全体で進めることが大切なので、取り組みを継続してより良い市民サービスに努めてほしい」と呼びかけました。