HOME > ニュース・情報コーナー > 巡視艇はざくら 解役式

ニュース・情報コーナー

巡視艇はざくら 解役式

巡視艇はざくら 解役式 2018年3月19日放送

 

尾道海上保安部に所属する巡視艇「はざくら」の解役式が3月16日、古浜町の尾道地方合同庁舎で行われました。

 

式には、尾道海上保安部の職員およそ20人が参加し、藤吉 克博部長が式辞を述べ、「はざくら」の国旗と庁旗が返納されました。

 

「はざくら」は、1992年の就役後、2008年に尾道海上保安部に配属され、管内での警備や救難業務にあたってきました。

 

また、2012年の秋篠宮さまの尾道市ご来訪や、2016年のバラク・オバマ前アメリカ合衆国大統領の広島市訪問の際にも派遣され、海上警備の任務にあたりました。

 

「はざくら」に代わる巡視艇「うきかぜ」は3月末に就役する予定で、尾道海上保安部にはこの他、2月に解役した巡視艇「はやぎり」の代わりに、巡視艇「みちなみ」が配属されています。