HOME > ニュース・情報コーナー > ふるさと納税返礼「みまもり」

ニュース・情報コーナー

ふるさと納税返礼「みまもり」

市長会見 ふるさと納税返礼品に「郵便局みまもり」 2018年4月19日放送

 

 

定例尾道市長記者会見が4月19日にあり、郵便局の「みまもりサービス」を、尾道市のふるさと納税の返礼品とする事などが発表されました。

 

会見に先立ち、協定の締結式が行なわれ、尾道郵便局の入澤和政局長と平谷祐宏尾道市長がそれぞれ、協定書にサインしました。

 

「郵便局のみまもりサービス」は、日本郵便株式会社が提供している有料のサービスで、月に1回、郵便局の社員が利用者宅へ直接訪問するなどして、健康状態など最大10項目を確認して、家族へEメールで報告します。

 

ふるさと納税で、尾道市へ5万円寄付すると6ヶ月のサービスを受ける事が出来、10万円で12ヶ月となります。

 

見守りを受ける人が尾道市に居住している事などが条件で、市内の38の郵便局と連携して、他県に住んでいる人などが、尾道市で暮らす親の見守りに活用できます。

 

県内では初めて、ふるさと納税の返礼品となるということで、入澤局長は「サービスを通じて親子が繋がる手伝いが出来れば」と話し、平谷市長は「安心安全なまちづくりの一環で、家族の接点が持てる取り組みが出来てうれしい」と述べていました。

 

尾道市のふるさと納税の返礼品は286品目あり、2017年度の寄付額はおよそ1億3,000万円です。

 

会見ではこのほか、受刑者の逃亡に関する質問や、それに伴う「尾道みなと祭」への影響など質問があり、平谷市長は「祭りは、予定通り実施する方向」と述べました。

 

会見の様子は本日19日の午後9時からと、20日午前7時と午後3時から収録放送します。