HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道商業高校 傘寿同窓会

ニュース・情報コーナー

尾道商業高校 傘寿同窓会

尾道商業高校 傘寿を祝う同窓会 2018年4月19日放送

 

尾道商業高校の1958年度卒業生の傘寿を祝う同窓会が4月18日、西御所町のレスポワール・ドゥ・カフェで開かれました。

 

同窓会には、当時、卒業したおよそ300人の内62人が出席し、傘寿を祝うために会で用意した黄色のちゃんちゃんこを着て集まりました。

 

会場では傘寿を祝う神事が執り行われた後、全員で尾道商業高校の校歌を歌いました。

 

卒業生を代表して、東京都在住の半田 忠博さんが、「元気に過ごすために目標をもって一歩一歩前へ進みましょう」と挨拶し、乾杯の合図とともに、出席者らは再会を喜び合いました。

 

1958年度卒業生の同窓会は、長寿を祝う年齢の節目に開かれていて、同窓会の代表を務めた三原市在住の今野 陽夫さんは「今後も同級生同士で情報交換しながら元気に過ごし、米寿を祝う際にもみんなで会えれば嬉しい」と話していました。