HOME > ニュース・情報コーナー > 御調高ソフト部 中国大会出場

ニュース・情報コーナー

御調高ソフト部 中国大会出場

御調高ソフト部 中国大会出場 2018年4月24日放送

 

御調高校 男子ソフトボール部と女子ソフトボール部が中国大会出場を決め、4月18日(水)体育館で壮行会が行なわれました。

 


広島県高等学校春季ソフトボール選手権大会広島県予選で男子は優勝、女子は3位となり中国大会初出場、さらに初のアベック出場を果たしました。

 

壮行会で、竹志幸洋校長が「中国大会では、広島県の代表として、また、御調高等学校の生徒として、誇りを持って戦ってください」と述べました。

 

男子ソフトボール部キャプテンの奥川諒介君は「最後まであきらめず、全力を出し切って連覇をめざします」と力強く話し、女子ソフトボール部キャプテンの藤原舞乃さんは、「ピッチャーを中心に、守りからリズムを作り中国大会でも上位入賞を目指します」と意気込みを語りました。

 

御調高校は、男子ソフトボールの強豪校として知られていますが、女子は部設立から5年目での快挙となりました。

 

中国大会は、5月12・13日の2日間、島根県で行なわれます。

月間アーカイブ

最近の投稿