HOME > ニュース・情報コーナー > 工房和紙あかり 作品展

ニュース・情報コーナー

工房和紙あかり 作品展

工房和紙あかり 作品展 2018年5月16日放送

 

アケビの蔓と和紙で作られた照明のアート作品の展示会が5月25日まで、JR尾道駅前ビル2階のエコライフ館で開かれています。

 

この作品は、向島町で照明のアート作品などを作っているグループ「工房和紙あかり」のメンバーが制作したもので、館内には11点が展示されています。

 

作品は、向島町の山から切り出されたアケビの蔓で骨組みを作り、全国でも有数の和紙の生産地である鳥取県東部の因州和紙が貼られています。

 

和紙には、多彩な色合いで様々な模様が施されていて、中から灯りを灯すことで幻想的な雰囲気を醸し出しています。

 

「工房和紙あかり」は、備後地域を中心に作品の展示会やワークショップを開いていて、エコライフ館での展示は今回で3回目です。

 

展示会の会期は5月25日までで、場所はJR尾道駅前ビル2階のおのみちエコライフ館です。

 

また、作品を作る体験教室が5月27日に向島洋らんセンターで開かれます。

 

体験教室について詳しくは電話090-2200-6563「工房和紙あかり」の石井さんまでお問い合わせください。