HOME > ニュース・情報コーナー > メキシコ選手団 生口島練習

ニュース・情報コーナー

メキシコ選手団 生口島練習

メキシコ選手団 生口島で練習   2018年5月28日放送

 

2020年の東京オリンピック メキシコ合衆国選手団のうち、現在 尾道市や三原市で事前合宿を行っている自転車競技の代表選手らが5月24日、生口島の一般道で練習を行いました。

 

練習に参加したのは、自転車競技の選手とコーチ合わせて6人で、通訳のスタッフや尾道市の担当者のほか、尾道サイクリング協会のメンバーなども裏方として加わり、選手らを支えました。

 

練習は、瀬戸田サンセットビーチからシトラスパークなどを経由するおよそ14キロの道で行われ、一般道のため、福山の自転車チーム エンシェアーのメンバーが並走し選手達をサポートしました。

 

練習コースは、海沿いの平坦な道や急な坂が続く山道など変化に富んでいて、選手たちはおよそ3時間に渡って何度もコースを周回し、汗を流していました。

 

自転車競技の事前合宿期間は6月6日までで、選手たちは滞在中、練習の他に地元の小学校への訪問や日本文化の体験会などを通して、地域との交流を深めます。

月間アーカイブ

最近の投稿