HOME > ニュース・情報コーナー > 絵手紙教室 展示

ニュース・情報コーナー

絵手紙教室 展示

絵手紙教室 展示   2018年5月31日放送

 

尾道の絵手紙作家、円福寺都さんが主宰する絵手紙教室の作品展が6月3日まで、尾道本通り商店街の「ギャラリー都」で開かれています。

 

会場には、円福寺さんが運営する尾道や三原などの絵手紙教室18ヵ所に通う生徒、およそ200人の作品が展示されていています。

 

展示会には、毎年決められたテーマで生徒らが作品を出品していて、今回は5枚の三角形の板に、一人一人が自由に絵や言葉を描いた作品が並べられています。

 

それぞれの板に花などの絵を描いて飾りのようにしたものや、5枚を組み合わせ1枚の大きな絵にしたものなどがあり、訪れた人たちは自由な表現の作品に見入っていました。

 

会場にはその他にも、現在の自分の顔をテーマにした作品や、戌年に因んだカレンダーなども並んでいます。また、絵手紙風の大型の作品には、生き生きとした絵に気持ちのこもったメッセージが添えられていて、作者が絵に込めた思いにも触れる事が出来ます。

 

ギャラリー都 絵手紙教室生徒展の会期は6月3日まで、入場は無料で、時間は10時から17時までです。