HOME > ニュース・情報コーナー > 6月議会 開会

ニュース・情報コーナー

6月議会 開会

尾道市議会6月定例会 開会 2018年6月11日放送

 

 

尾道市議会は11日、6月定例会を開き、副議長に加納議員を選任し、報告9件と、およそ1億6,000万円を増額する一般会計補正予算案など26議案ほかを上程しました。

 

慣例により、1年任期となっている副議長選挙の結果は、公明党の加納康平議員15票、創生会の飯田照男(いいだ てるお)議員13票でした。加納議員は、門田町出身当選3回です。

 

就任挨拶で「市政施行120周年の記念すべき年に、歴史と伝統ある尾道市議会の副議長という大任ですが、全力で務めたい」と述べました。

 

一般会計補正予算案の主なものは、新しい庁舎の整備に伴う情報ネットワークシステムの構築費として5,000万円。故障した因島の深浦新開地区のポンプ場修繕費など2,200万円。3月の雨で破損した生口島の農業用水路の補修費1,000万円などです。

 

又、向島で発生した受刑者逃走事件に関連して、尾道みなと祭での警備強化や、小学校の遠足を島の外へ変更した費用が合計200万円ほど計上されています。

 

その他の議案では、市立小中学校の空調設備の工事契約、高西東新涯のポンプ場の工事契約、百島の救急患者を搬送するための船の更新、消防団員の夏服の取得などがあげられています。

 

又、2016年に因島の西浦保育所で発生した園児の負傷事故の損害賠償72万3035円などが専決処分案件となっています。

 

本日の議会の様子は午後9時から再放送します。13日、14日、15日に行なわれる議員の質問は、3日間とも午前10時からと午後1時から生放送します。

 

6月議会から、一般質問に議員全員が立つことが可能になり、質問時間は、各会派に一律20分が割り当てられ、会派の議員1人当り10分ずつが加算されます。6人会派の場合は80分の持ち時間となります。

 

これにより、一般質問の日程が2日間から3日間に増えています。