HOME > ニュース・情報コーナー > メキシコ選手団 市長訪問

ニュース・情報コーナー

メキシコ選手団 市長訪問

メキシコ女子ソフトボール選手 市長訪問 2018年6月15日放送

 

2020年の東京オリンピックを目指すメキシコ女子ソフトボール代表選手団が6月12日、事前合宿のため尾道市を訪れ、平谷祐宏市長を表敬訪問しました。

 

事前合宿は6月23日までで、御調町の御調ソフトボール球場を中心に練習が行われます。

 

市役所を訪れたのは選手とコーチ、そしてトレーナーらを含めた13人で、市役所の入り口では市の職員たちがメキシコの国旗を持ち選手たちを出迎えました。

 

市長室では、平谷市長が記念のバッジをプレゼントして選手たちをもてなし、選手団からは平谷市長にメキシコのお酒が手渡されました。

 

ソフトボールの事前合宿では交流事業として、6月14日と15日に御調高校ソフトボール部との練習試合が、17日は中国地方の実業団と大学との交流試合などが行われる他、学校への訪問や日本文化の体験も予定されていてます。

 

平谷市長は「地元と連携し、全面的にサポートします」と話し、選手たちは「ソフトボールが強い子どもたちとの交流も楽しみ」と話していました。