HOME > ニュース・情報コーナー > 御調高校 地域活性化学習

ニュース・情報コーナー

御調高校 地域活性化学習

御調高校 地域活性化企画 発表会 2018年6月20日放送

 

御調高校の生徒たちが、地域活性化を目指した計画案を発表し、地元企業の代表者たちからアドバイスを受ける発表会が6月14日、学校の視聴覚室で行われました。

 

この発表会は、生徒たちが総合的な学習の時間で取り組んでいる地域活性化活動の一環として行われたもので、御調高校の2年生63人が参加し、道の駅クロスロードみつぎの上原 啓明駅長、株式会社尾道柿園の宗 康司代表取締役たち4人が講評しました。

 

活動のテーマごとに5つのグループが計画案を紹介し、自然の活用をテーマにしたグループは、コスモスの花で町を彩り、花の配布やオリジナルのラインスタンプなどでPRしながら町を盛り上げる案を発表しました。

 

福祉・医療分野のグループは、地域の交流の場として小学校や老人ホームで高齢者向けの体操教室を開いたり、怪我を防止するために地域の危険な箇所をバリアフリー化したりする案を報告しました。

 

発表を行った木曽 響稀君は、「今回のアドバイスを活かし、より具体的な計画を立て、積極的に活動に取り組んでいきたい」と話していました。

 

御調高校では毎年、2年生を対象にした地域活性化に関する学習を行っていて、発表会は、生徒たちのより良い活動に繋げようと今回初めて行われました。

 

御調高校の竹志 幸洋校長は「生徒たちには、どのような時代にも対応できるよう、主体的に学ぶ姿勢を身に付けてほしい」と話していました。