HOME > ニュース・情報コーナー > タコスを作る国際理解講座

ニュース・情報コーナー

タコスを作る国際理解講座

親子でタコスを作る「国際理解講座」  2018年6月22日放送

 

 

親子でメキシコ料理のタコスを作る国際理解講座が、6月2日(土)、西土堂町の尾道市勤労青少年ホームで開かれました。

 

東京オリンピックに向けてメキシコ自転車選手団が事前合宿のため尾道市を訪れることをうけ企画されたもので、6人の選手も参加し交流を楽しみました。

 

この日は小学生の親子連れ12組34人が参加。市内でタコス店を営む堂前晴美さんを講師に迎えタコス作りに挑戦しました。

 

参加者らはトウモロコシの粉を練って作るタコス生地をフライパンで焼き、炒めた牛肉とトマトなどの野菜を細かく刻んでサルサソースを作り、完成後、生地に乗せて味わいました。

 

参加した栗原小学校6年の島村由芽さんは「トウモロコシの味がするタコス生地は美味しかった。家でも作りたい」と話し、土堂小学校2年の佐藤晃彦君は「メキシコ選手にスペイン語で話せて嬉しかった」と笑顔で話していました。

 

メキシコ男子選手のダニエル・バディージャさんは「とても美味しかった。日本の子ども達とも交流ができ嬉しかったです」と話していました。