HOME > ニュース・情報コーナー > 17日放送 豪雨災害関係

ニュース・情報コーナー

17日放送 豪雨災害関係

17日放送 豪雨災害関係 2018年7月17日放送

 

 

連日、猛暑の中、豪雨災害に関するボランティア活動が行なわれていますが、高校生たちのボランティアも活躍しています。

 

尾道高校ラグビー部の部員およそ30人は、13日(金)尾道市桜町の土砂崩れ現場などで、民家の敷地に入った土砂の搬出を手伝いました。日ごろ鍛えた体で、次々と土砂を運び出し、一生懸命撤去作業に取り組んでいました。

 

尾道市社会福祉協議会では、19日から23日までの何れかの日にちの災害復旧ボランティアを募集しています。

 

一日40人程度の定員で、活動場所は、旧尾道と向島地域、若しくは因島地域です。

 

8:30に集合し、15:00頃まで、社会福祉協議会が安全を確認した被災地での土砂撤去などを行ないます。

 

集合場所は、旧尾道・向島地域が門田町の尾道市総合福祉センター、因島地域が、因島田熊町の尾道市社会福祉協議会因島支所です。

 

参加するには事前申し込みが必要で、電話かFAXで、尾道市社会福祉協議会か、市社協の因島支所へ連絡して下さい。

 

又、尾道市社協では、給水所のボランティアと災害復旧作業にあたるボランティアの人たちの健康相談に携わる保健師や看護師のボランティアも募集しています。

 

ボランティアに関して、詳しくは、尾道市社会福祉協議会のHPで確認下さい。

 

尚、「ちゅピCOMおのみち」では、豪雨災害に関する様々な情報を文字にして、災害発生当日の6日から放送しています。

 

時間は、6:00・7:00・9:00・11:00・15:30・16:30・19:00・24:00などです。急な時間変更もありますがご了承下さい。