HOME > ニュース・情報コーナー > 盆鉦太鼓踊り

ニュース・情報コーナー

盆鉦太鼓踊り

盆鉦太鼓踊り奉納 2018年8月29日放送

 

 

栗原地区の7つの町内会が8月15日、西則末町の烏須井八幡神社で伝統の「盆鉦太鼓踊り」を奉納しました。

 

踊りは、栗原地区の雨乞いの神事としておよそ400年前から始まったとされ、現在は地域の安全や五穀豊穣を祈る行事として行なわれています。

 

例年は7つの町内会が異なる調子で踊りを奉納していますが、今年は西日本豪雨からの復興を願って「総踊り」として、7地区が同じ調子や掛け声で踊りました。

 

境内では、代表者の口上に続いて、門田町内会の細谷さんの指揮の元、法被姿の子どもや、踊り手たちが鉦や太鼓を打ち鳴らしました。

 

栗原町内会連合会の宇根本茂会長は「7つの地区がまとまるのは初めてでしたが、皆さんが頑張ってくれました」と話していました。

 

総踊り後は、町内会ごとの奉納も行なわれました。

月間アーカイブ

最近の投稿