HOME > ニュース・情報コーナー > 全中ソフトテニス団体優勝

ニュース・情報コーナー

全中ソフトテニス団体優勝

全国中学校ソフトテニス女子団体優勝 2018年8月31日放送

 

 

因島出身で岡山県の山陽女子中学3年の西村心那(ここな)さんが、第49回全国中学校ソフトテニス大会女子団体戦で優勝し、8月27日、尾道市役所を訪れ、平谷祐宏市長に優勝を報告しました。

 

大会は栗原町のびんご運動公園で行われ、西村さんが所属する山陽女子中学校は、準決勝で広島修道大付属鈴峯中学校に2-0で快勝しました。決勝では千葉県の昭和学院と対戦、西村さんペアは序盤苦戦しましたが、粘り強いラリーで4ゲームを連取し優勝に貢献しました。山陽女子中学校は今回の優勝で全国大会3連覇を飾りました。

 

市長から優勝の瞬間の気持ちを聞かれた西村さんは「3連覇がかかった試合でプレッシャーはあったが、絶対勝ちたかった。優勝できて本当に嬉しい」と話し、平谷市長は、「今度は日本代表を目指して頑張って」と応援と期待の言葉を送っていました。

 

西村さんは幼稚園の頃からソフトテニスを初め、因北小学校を卒業後は、クラブチームの先輩の勧めもあり強豪校の山陽女子中学校へ進学。親元を離れ部活と勉強に打ち込んできました。西村さんは、「落ち込む日もあったが3年間自分の成長を信じ頑張った」「高校ではインターハイで優勝したい」と次の目標を話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿