HOME > ニュース・情報コーナー > 栗北小玄関 アートで彩る

ニュース・情報コーナー

栗北小玄関 アートで彩る

栗北小玄関 アートで彩る 2018年8月30日放送

 

向東町のチョークアート作家 大原 都香さんが8月29日、栗原北小学校の正面玄関をアートで彩りました。

 

大原さんは、向東町でチョークアートの教室を主宰しながら作品制作に取り組んでいて、尾道市や東京都で個展を開くなど精力的に活動しています。

 

今回の取り組みは、老朽化が進む校舎をアート作品で明るくすると共に、子どもたちの感性を養おうと、栗原小学校が初めて企画したもので、大原さんの協力を受けて作品制作が行われました。

 

作品は、玄関のガラスに、チョークパステルやガラスペイントなどの画材を使って描かれ、大原さんは、明るい色合いで花や蝶、動物などの絵を仕上げていきました。

 

休憩時間には、児童たちも作品制作に加わり、大原さんのアドバイスを受けながら、絵の具で手形を付けるなど楽しく玄関を彩りました。

 

制作に加わった児童会長の滝澤 優希君は「玄関にきれいな絵が描かれて気持ちがいいです」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿