HOME > ニュース・情報コーナー > 美木原小 稲刈り体験

ニュース・情報コーナー

美木原小 稲刈り体験

美木原小学校 稲刈り体験 2018年9月20日放送

 

美ノ郷町本郷の美木原小学校の児童が9月18日、 木ノ庄町木門田の田んぼで稲刈りを行いました。

 

これは、地域への理解を深める学習の一環として、JA尾道市女性部木ノ庄西支部の協力を受けて行われたもので、3年生18人と地域住民およそ20人が参加しました。

 

今回収穫したのは、児童たちが6月に、地元の農家から借りているおよそ4アールの田んぼで植えたもち米の稲で、子ども達は、地域の人たちに鎌の使い方などを教わりながら楽しそうに稲を刈り取り、天日干しをするため、稲の束を竿にかけていきました。

 

田植えや稲刈りの体験は、美木原小学校に統合された旧木ノ庄西小学校で行われていた伝統行事で、参加した前田 恵秀君は、「地域の人に分かりやすく教えてもらえて楽しかった。お米が出来上がるのが楽しみです」と話していました。

 

天日干しを終えたもち米は2月頃に、地域住民を招いた餅つきで振舞われる予定です。