HOME > ニュース・情報コーナー > 中央図書館 文化講座

ニュース・情報コーナー

中央図書館 文化講座

尾道市立中央図書館 文化講座 2018年9月21日放送

 

 

尾道市立中央図書館の文化講座が9月8日にあり、尾道の名誉市民「山口玄洞」に関する講演が行なわれました。

 

シリーズ全5回の1回目は、尾道市史編さん委員会事務局の林良司さんが「勤勉、誠意、志-山口玄洞物語」と題して講演を行い、訪れたおよそ60人の人達が、熱心に話を聴いていました。

 

林さんは、誠実な商いや、抜群の商才で財を成し、大正時代に尾道市の公共事業に多額の寄付を行なった山口玄洞の生い立ちから晩年までの活動を紹介。玄洞の元で働いていた人の手記を取上げ、今まで知られていないエピソードを語っていました。

 

久保町から訪れた西谷博さんは、「人柄や勤勉さ、生き様など、今まで知られていない話し聞くことができ、大変勉強になりました」と話していました。

 

講座を主催した尾道市立中央図書館の奥田浩久館長は「これから、尾道ゆかりの人について、それぞれの深い所を市民の皆さんに提供して行きたい」と話していました。

 

次回は、9月22日(土) 江戸時代に尾道で活躍した女流画家「平田玉蘊」と頼山陽に関する講座が開かれます。