HOME > ニュース・情報コーナー > サイクリスト交通指導

ニュース・情報コーナー

サイクリスト交通指導

尾道警察署 サイクリストへ自転車交通安全指導

 

 

しまなみ海道などをサイクリングする人に、自転車の安全運転などを指導する「サイクリスト交通安全指導」が9月24日、向島町で行なわれました。

 

市民センターむかいしま「こころ」の北側駐車場で指導が行なわれ、尾道警察署の職員が、自転車で走っている地元の人や、サイクリングを楽しんでいる観光客らを呼び止めて、島内で自転車の交通事故が多いポイントなどを地図で説明していました。

 

親子づれにも楽しんでもらおうと、パトロールカーや白バイなどの車両3台が展示されていて、子どもが運転席に乗り込み写真を撮るなどしていました。

 

サイクリストへの交通安全指導は、管内に多くのサイクリストが訪れる尾道署が初めて企画しました。

 

京都市から観光に訪れ、サイクリングの途中に立ち寄った夫婦は、「景色に見とれて交通事故に合わないように、気をつけたい」と話していました。

 

この日は、およそ45組の人達がおとずれ、警察官の交通指導に耳を傾けました。

 

尾道署によると管内で、自転車が絡んだ交通事故は、2018年は8月末時点で25件発生。昨年の同じ時期に比べて5件減少しています。

 

月間アーカイブ

最近の投稿