HOME > ニュース・情報コーナー > 全日本空手大会出場

ニュース・情報コーナー

全日本空手大会出場

全日本空手大会組手少年4人出場   2018年9月28日放送

 

 

神奈川県で10月に行われる「全日本空手道選手権大会 組手の部」に出場する尾道市の小中学生4人が9月18日、市役所を訪れ、平谷祐宏尾道市長に抱負を語りました。

 

大会に出場するのは尾道市の空手教室 日本空手道朱雀館(すざくかん)に通う、向東中学校1年の福岡花火(はなび)君、向島中央小学校6年の山本李成(りせい)君、向東小学校5年の福岡夕凪(なぎ)君と3年の木曽碧威(あおい)君です。

 

4人は6月の県予選で上位入賞するなどして全国への出場を決め、現在は道場で週4日、練習に励んでいます。大会に向けてミット打ちなどの基礎練習をメインに、持久力のアップと、高校生と組手を行うなど体力強化に取り組んでいます。

 

福岡花火君は「練習はきついがご飯をしっかり食べ、後半バテないようにしたい」、山本君は「得意の下段回し蹴りで優勝したい」、福岡夕凪君は「左手の突きで勝ちたい」、木曽君は「スタミナをつけてバテないようにしたい。目指すは優勝」と目標を話し、平谷市長は「優勝目指して頑張ってください」と激励しました。

 

「第10回全日本空手道選手権大会」は10月14日に神奈川県横浜市の横浜文化体育館で開催されます。