HOME > ニュース・情報コーナー > Jrオリンピック出場

ニュース・情報コーナー

Jrオリンピック出場

ジュニアオリンピック陸上競技大会出場 2018年10月5日放送

 

 

横浜市で10月12日から開かれるジュニアオリンピック陸上競技大会に出場する尾道市の中学生3人が10月3日、市役所を訪れ、平谷祐宏市長に健闘を誓いました。

 

女子200メートル走の清水茜里(あかり)さん、男子円盤投げの竹内鴻(こう)君、女子走り幅跳びの堂前咲希(さき)さんの3人が尾道市役所を訪れ、平谷市長から「体調に気を付けて、良い大会になるように頑張ってください」と激励を受けました。

 

後半の追い上げが強みという清水さんは「スタートを特に練習している。自己ベストの25秒台を出して準決勝に進出したい」と力を込めていました。

9月に広島市で行われた予選会で優勝した竹内君は「県大会以上の大きな試合に出るのは初めて。全国から力のある選手が集まるので楽しみ」と話し、踏み切るまでの助走の練習に力を入れている堂前さんは「緊張せず、思い出に残る大会にしたい。5メートル10センチ以上飛ぶことを目標にベスト8に入りたい」と抱負を述べていました。

 

「第49回ジュニアオリンピック陸上競技大会」は10月12日から14日まで、横浜市の「日産スタジアム」で行われます。