HOME > ニュース・情報コーナー > 美術協会 大作展

ニュース・情報コーナー

美術協会 大作展

美術協会 大作展    2018年10月12日放送

 

2018年 尾道美術協会「大作展」が10月16日まで、久保1丁目の尾道市市民会館4階で開かれています。

 

この展示会は、尾道美術協会の会員と、協会に付設されている絵画研究所のメンバーの作品を披露する場として毎年開かれているもので、今回は日本画や油彩、水彩など合わせて46点が展示されています。

 

協会会員の作品は、50号から130号までの大作32点が並び、写実的な尾道の街並みから、心象風景のような抽象画、祭りの様子や日常の風景を切り取ったものなど様々なモチーフで描かれていて、訪れた人たちが足を止めて見入っていました。

 

協会創立84年になる今年のテーマは「小林和作先生生誕130年・輝くいのち」で、

尾道美術協会の佐藤圭史(けいし)会長は「テーマには、先人の偉業を繋ぎ、発展させたいとの思いを込めた。是非、それぞれの作家の個性を楽しんでほしい」と話していました。

 

尾道美術協会大作展の会期は10月16日まで、会場は尾道市市民会館4階で、時間は10:00から18:00まで。観覧は無料です。