HOME > ニュース・情報コーナー > 市長会見 北前船フォーラム

ニュース・情報コーナー

市長会見 北前船フォーラム

市長記者会見 北前船フォーラムについてなど 2018年10月18日放送

 

 

尾道市長定例記者会見が10月18日にあり、11月に行なわれる「北前船」フォーラムについて発表がありました。

 

2018年に尾道市が日本遺産に追加認定された「北前船」を盛り上げようと「第26回北前船寄港地フォーラムin尾道」と題して、11月16日(金)に、東御所町のしまなみ交流館で開かれます。

 

講演会やパネルディスカッションなどが3部構成で行なわれ、北海道をはじめとする北前船の寄港地の観光・物産ブースも設けられます。

 

第1部では、平谷祐宏尾道市長をはじめ、フォーラムの議長たち主催者側の挨拶と、議員、関係省庁、広島県知事の祝辞などがあります。

 

2部は「名産品でつながる北前船寄港地」と題して、尾道市文化振興課の西井亨学芸員たちが講演。3部では、JR西日本、国土交通省、しまなみジャパンの担当者が「尾道・瀬戸内海から観光振興~地域間交流新時代の幕開け~」とのテーマでパネルディスカッションします。

 

フォーラムは、「北前船の寄港地」を繋ぐルートを点から面へと発展させ、観光振興・地域間交流を進めようと、関係自治体などが実行委員会を組織して2007年から開いています。

 

会見で平谷市長は「北前船寄港地を通して、特に瀬戸内沿岸の東西の軸を確立させて地域間交流や観光振興に努めたい」と述べました。

 

 

記者会見ではその他、新高山の場外舟券売り場、豪雨災害復旧に関する質問がありました。会見の様子は、18日の22:00からと、19日の7:00と15:00から放送予定です。