HOME > ニュース・情報コーナー > 復興応援フラッグ

ニュース・情報コーナー

復興応援フラッグ

西日本豪雨災害 復興応援フラッグ 2018年10月23日放送

 

7月の西日本豪雨で被害を受けた広島県を応援しようと、オリンピック選手たちが寄せ書きしたフラッグが10月25日まで久保1丁目の尾道市役所 本庁舎に展示されています。

 

このフラッグは、豪雨の被害を受けた広島県民を応援するため、日本オリンピック委員会が8月に広島県に寄贈したもので、県内の8つの市町で巡回展示が行われています。

 

フラッグは縦1メートル、横1.5メートルで、表面には「がんばろう広島」という文字と共にオリンピック選手やトップアスリートたちによるメッセージやサインが書き込まれています。

 

フラッグは、10月25日まで尾道市役所 本庁舎1階に設置され、10月27日には、グラウンドなどが浸水の被害を受けた因島中庄町の因北中学校でも展示されます。

月間アーカイブ

最近の投稿