HOME > ニュース・情報コーナー > アンデックス視察

ニュース・情報コーナー

アンデックス視察

アンデックス視察   2018年10月30日放送

 

広島県の湯崎英彦知事たち、中四国地方の県知事らが10月29日、東尾道のアンデックス株式会社を訪れ、自転車事業などを視察しました。

 

視察には、湯崎知事の他、伊原木隆太岡山県知事や飯泉嘉門徳島県知事らが訪れ、アンデックス代表取締役の田邉耕造社長と自転車部門を担当する高橋要一チーフプロデューサーが、自転車関連の取り組みについて紹介しました。

 

湯崎知事たちは、尾道発の自転車開発や、サイクリングイベントの支援、子供向けの自転車教室の開催など、アンデックスでの取り組みに興味深そうに聞き入り、しまなみ海道を気軽に走ることをコンセプトに生まれたオリジナル自転車「凪」にも試乗して、その乗り心地を確かめていました。

 

アンデックスが提供した特別仕様の「凪」で活動している尾道署のサイクルポリス隊も視察に参加し、知事たちにサイクリストの事故防止やマナー向上などの取り組みについて説明していました。

 

知事の訪問は、当日、尾道市内で開かれた「中四国サミット」に合わせて行われたもので、しまなみ海道や地域のサイクリング文化を支える地元企業としてアンデックスが視察先に選ばれました。