HOME > ニュース・情報コーナー > たんぼでがんぼー

ニュース・情報コーナー

たんぼでがんぼー

たんぼでがんぼー 2018年10月31日放送

 

 

お米の収穫体験などを行なう催し「田んぼでがんぼー」が10月21日、御調町で行なわれました。

 

この催しは、JA尾道市環境衛生農業会が、子ども達に稲作に親しんでもらおうと、1990年から続けているものです。

 

延安勇会長の案内で、尾道市内から集まった親子連れや、外国人留学生たち、およそ70人が一反ほどの田んぼと畑に植えられている、米とサツマイモの収穫をおこないました。

 

子どもたちは、スコップでイモを掘ったり、鎌で稲を刈ったりして、合間にカエルやバッタを捕まえて喜んでいました。

 

新浜から親子で参加した、近野洋さんと志歩ちゃん親子は「お米がどういう風に出来るか良く分かりました。ご飯は残さずに食べたい」と話していました。

 

延安さんは、「減農薬の栽培に挑戦していますが、今年も順調に生育しました。来年も沢山の人に参加してもらいたい」としていました。