HOME > ニュース・情報コーナー > 向東公民館優良公民館受賞

ニュース・情報コーナー

向東公民館優良公民館受賞

向東公民館が優良公民館受賞    2018年11月7日放送

 

 

文部科学大臣が表彰する、第71回優良公民館表彰に尾道市向東公民館が選ばれ、11月7日、花咲法子館長が尾道市役所で、平谷祐宏尾道市長に受賞を報告しました。

 

これは、文部科学省が社会教育活動を行っている地域の公民館などのうち、事業内容や運営方法などを工夫し住民の学習活動に大きく貢献している施設を表彰しているもので、向東公民館は今回初めて全国65カ所の優良公民館の一つに選ばれました。

 

向東公民館は「郷土への愛着」をテーマに、様々な行事の企画から運営までを地域と連携して行っています。2017年度は広島県公民館等活性化モデル事業の指定を受けた「防災フェアー」を開催し400人が参加しました。2018年1月には、地域の課題を考えながら住民同士の繋がりを深め、郷土愛の育成に貢献していることが認められ、「広島県教育奨励賞」を受賞しています。

 

平谷市長は、「地域行事は子ども達が参加することで引き継がれていく。これからも若い世代の思いを取り入れた町づくりを続けて欲しい」と期待していました。

 

花咲館長は、「向東地域は活発に活動している団体が多くあり、住民同士の繋がりも強い。公民館が町づくりの中核となれるよう、地域の特徴を活かした行事を企画していきたい」と話していました。

 

向東公民館では、ふる里の良さを知るきっかけ作りとして、地域のスポットを巡りながらクイズなどに挑戦するスタンプラリーを11月17日に開催する予定です。