HOME > ニュース・情報コーナー > 市議会一般質問

ニュース・情報コーナー

市議会一般質問

尾道市議会一般質問 2018年12月5日放送

 

 

尾道市議会の12月定例会が5日に開かれ、8人の議員が一般質問を行いました。

 

午前中は、創生会の議員4人が登壇しました。田頭敬康議員は、市内で浄化槽を設置する場合、市の下水道事業計画区域では補助金が支給されないことについてなど、質問しました。

 

平谷祐宏尾道市長は、補助金の支給がないのは国・県の対象区域外となっている為とした上で、「今後下水道整備が見込まれない区域や、相当な期間を要する地域については、補助制度を見直す方向で検討する。今年度から補助金の上乗せを独自に行っている」と述べました。

 

尾道市内での新しい産業団地の整備について質した飯田照男議員に平谷市長は、「今年度から県が創設した産業団地を造成する市町への助成制度の活用を視野に、県と協力して小規模団地開発の可能性の調査を行なっている。今年度末に出る調査結果を受けて、事業化に向けた交渉などを行っていきたい」と話しました。

 

午後からは、平成会の4人が登壇し、災害や子育て関連など、幅広く質問しました。

 

柿本和彦議員は、災害時に尾道市が指定する避難所へ避難する人が、少なかったとの認識に立ち「地域の身近な集会所の方が、避難し易いのではないか」と提案。理事者側は「地域の人が安全性を確認した上で、集会所を“自主”避難所として活用する方法もある」と答えました。

 

二宮仁議員は、子育てに関連して、産後8週間からの子どもの受け入れに先ついて質問しました。

 

平谷市長は、尾道市の認可保育所など37施設の内、7施設で受け入れ可能と述べた上で「来年度から受け入れ施設が一つ増えるため、現在のニーズに十分答えることが出来る」と答弁しました。

 

議会の様子は、本日、5日の21:00から再放送します。

 

6日も引き続き尾道市議会定例会の一般質問が行なわれ、9人の議員が登壇します。「ちゅピCOMおのみち」では、10:00からと13:00から生放送予定です。