HOME > ニュース・情報コーナー > 2018かのこ自由展

ニュース・情報コーナー

2018かのこ自由展

2018かのこ自由展 2018年12月11日放送

 

尾道の画家たちの作品を展示する「2018かのこ自由展」が12月28日まで、久保1丁目の「画廊喫茶かのこ」で開かれています。

 

この展示会は、多くの市民に美術作品に触れてもらおうと行われているもので、尾道美術協会の会員を中心に16人が出展しています。

 

会場には、油彩画や書の作品、写真や造形など18点が並んでいて、尾道の祭りの情景を描いたものや、筆で言葉を書き記した作品、海外で撮影した写真など様々で、見ごたえのある展示会となっています。

 

自由展というタイトル通り、作品の中には、木の葉を油彩画にあしらったものや、陶器を使った造形など、自由な発想で制作された個性豊かな力作が並んでいます。

 

 「画廊喫茶かのこ」を経営する山口 信哉さんは「種類が豊富で、誰でも楽しめる作品展なので、美術作品に触れたことがない人でも気軽に見てほしい」と話していました。

 

「2018かのこ自由展」の会期は12月28日(金)までで、場所は久保1丁目の「画廊喫茶かのこ」です。

月間アーカイブ

最近の投稿